みはや

デンタルブログ

2018.02.16更新

こんにちは。みはやデンタルクリニック院長の及川です。

少し前から?話題になった本を紹介します。「歯はみがいてはいけない」森 昭先生の著書です。

何年か前からよく「先生!歯は食後15分以内に磨くように習ったのに、10分以内に磨いてはいけないのですか?!と聞かれる様になりました。森先生の著書には「糖質を含む飲食の後はリンやカルシウムが唾液に溶け出します。その時点で歯ブラシの毛先が歯に当たると、歯が削れて知覚過敏になります。また、唾液が補修をしようとするパワーを、歯磨剤を使うことによって捨ててしまうことになります。」という趣旨が書かれていました。

他にも、プラークコントロールの大切さ、全身疾患との関わり、歯磨きのコツ、歯科医師のジレンマ、予防歯科が日本にどれだけ利益があるかを情熱を込めて論じてらっしゃるのを、深く頷きながら読みました。

 私も、患者様に説明する時につい熱くなってしまい、後輩に「患者さん、引きますよ。」と言われたことがあります。ついつい、話しが長くなってしまうところは自分でも考えものですen

でも、患者様の方から「直ぐに磨いてはいけないなんてほんと?」と、戸惑われて?いる声を聞くと、「私は…」と答えなければいけません。実際のところ、私は時間を測って磨いていません。食後のお喋りはだいたい付き物ですので次の行動に移る直前に磨きます。歯磨剤は殆ど使いません。お気に入りのうがい薬を歯ブラシに付けて磨きます。歯間ブラシはマストです。

どんなにテクノロジーが発達しても、AIが賢くなっても、プラークコントロールが面倒くさいことには変わらなさそうです。森先生が提唱しているプラークコントロールの方法も難しくないですが、戸惑いそうだったら、とりあえず夜寝る前のプラークコントロールだけは意識してください。患者さん一人ひとり、生活のリズムや口腔内のリスクは違いますので、その方に無理のない予防をコーディネートいたしますね。

 

 

2018.02.03更新

おはようございます。みはやデンタルクリニック院長の及川です。

寒い日がまだ続いていますね〜en!インフルエンザの流行も、大変な事になっているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 私がFBで参加している読書クラブで話題になった、歯について書かれたビジネス書に「小学校や老人施設で、食後にブラッシングをしているところでは、していないところに比べてインフルエンザにかかった人が明らかに少ない事が分かった」と書かれてれていたそうです!それは知らなかった!と思い、慌てて買って読んだところ、素晴らしい本でした!「あなたの人生を変える歯の新常識」田北行宏先生著本です。

 ちなみに、私も深く頷きながら読んだのですが、特に刺さった一文は、-「世界のホンダ」の創業者であり、優れた技術者であった本田宗一郎さんは、ご自分の歯を大切にしただけでなく、後輩達にも「世界に出ていくために、社長になったら歯を磨け」という名言を残しています-というところです。

 FBのクラブでこの本が紹介されて、クラブの参加者の方々は(私を含め)追読されたり、歯医者に行くことを宣言されたりして、歯の大切さを受け止めてくださっていることが感じられて、寒いけど、日が長くなる嬉しさに似た感覚を感じていますnico

皆様も全国のビジネスパーソンの方々と一緒に歯と健康を大切にしましょう!

side_inq.png