みはや

デンタルブログ

2017.11.25更新

こんにちは!みはやデンタルクリニック院長の及川です。

開業祝いに大学の医局の先輩の先生からいただいたドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木)に花芽が付きました!

開業して2年目くらいの頃に一度花が咲いたのですが、ある患者様に「滅多に咲かないのよ!何年も何年も咲かないの!」と教えて頂きました。その後も大事に大事に水や栄養を与えていたら、挿し木をして一緒に育てていた方の木にも花芽が付いている事を発見しました笑う

でも咲いたらすぐに萎んでしまった記憶があります。

可愛らしい花!という訳ではないのですが…香りがあります。

咲いたらすぐにアップして御披露しますね。

今来院中の患者様達には是非とも楽しんで貰えたらいいなflower2

幸福の木幸福の木2

2017.11.14更新

こんにちは。みはやデンタルクリニック院長の及川です。

今日は真面目なお話です。

 皆様、8020運動をご存知ですか?80歳になっても歯が20本ある様に、歯を大事にしましょうというスローガンです。ではなぜ20本なのでしょう。ちゃんと根拠があります。

私達は親知らずを含めないと歯は全部で28本あります。そのうちの10本を失うと途端に食べ物を噛みずらくなります。そうすると食べやすい物しか食べなくなります。例えばおうどんとか菓子パンとか…食事が主に炭水化物に片寄る傾向になります。お肉とか野菜とか、噛み切りにくい物を食べたくなくなります。ですので栄養が片寄ります。

せっかく「動物性タンパク質を摂る人は長生き」な事が話題になっているし、お肉も食べたいですよね。本来人は、肉食動物でした。体はそのように出来ています。だから農耕の知恵がつく前は狩猟して肉を主に食べていました。

タンパク質は足や腕の筋肉になるだけではなく、呼吸したり心臓を動かしたり、記憶するのにも必要です。普段の食生活でタンパク質が少ないと、生きるために必要な呼吸や心臓にタンパク質を取られてしまい、記憶したり考えるのに必要なタンパク質が足りなくなってしまいます。

そうすると…鬱や痴呆になりやすくなります。生活が楽しくなくなります。体力も落ちます。働けなくなります。

 

つきなみですが、健康は当たり前にある訳ではありません。 

自分のためだけではなく、家族のためにも歯を大事にしてください。

 

皆様の健康は、社会にとってとても大事です。

 

2017.11.02更新

こんにちは。みはやデンタルクリニック 院長の及川です。

先日ハロウィンが終わりましたね。皆様沢山お菓子をもらいましたか?これからクリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデーと、パーティーイベントが盛りだくさんですねgya

 どうやら、クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーは1日か2日でイベントは終わり、甘いお菓子cakeも比較的早めになくなると思うのですが、ハロウィンのお菓子はどうやら飴玉、キャラメル系、グミなどなどお口の中で長く楽しめるお菓子が多く入っていそう?です。

もらったお菓子がなくなるまでは(なくなっても)しっかり歯ブラシをしてくださいね。そしてフッ素のジェルをきちんと塗ることをお勧めします!

…あとは飴の小袋を道や公園にポイ捨てしないようにね…

年末、お正月の虫歯リスクが一番危険なのですが、そのお話しはまた今後。

でもイベントはいっぱい楽しんでくださいねihi

 

side_inq.png